病院紹介

HOSPITAL

看護介護部

リハビリテーション看護の精神にのっとり、徹底した自立支援を行います

看護介護部について

回復期リハビリテーションの目的は、日常生活動作を向上させ、寝たきりを防止し、患者さんが再び自分らしく生活していけるようになることです。その目的を達成するために、多くの専門職のスタッフがチームを組み、それぞれの専門性を活かして、患者さんをサポートします。
チームの中での看護介護スタッフは、患者さんが毎日良い状態でリハビリ訓練を行えるよう、健康管理を行ったり、食事・排泄・入浴といった生活動作の援助を行います。回復期リハビリテーション病棟で行っているこのような看護を、「リハビリテーション看護」といいます。

リハビリテーション看護

リハビリテーション看護とは、加齢や病気・障がいなどの影響で日常生活を送ることに困難が生じた方たちに対して、健康の回復・維持・増進をサポートし、可能な限り自立し生活の質を向上できるように促す看護です。
急性期病院の看護が「病気を診る」ことが中心であるのに対して、リハビリテーション看護は「生活を診る」看護であると言えます。

私たちのリハビリテーション看護

リハビリテーションの主役は患者さんです!
私たちは、患者さんが受け身でなく、ご自身で能動的に、積極的に行動を起こすことができるよう、支援します。療法士さんがしてくれるリハビリではなく、自分らしい生活を取り戻すために自ら行うリハビリへ。そうした意識改革も含めて、サポートしていきます。
「できる」から「している」へ
私たち看護介護スタッフは、24時間の入院生活の中で、患者さんの食事・排泄・入浴といった動作を援助しながら、「何ができて何ができないか」その状況をチームにフィードバックし、次のリハビリ訓練に活かしていきます。また逆に、リハビリ訓練で練習した動作を、生活の場である病棟内で一緒に行ってみます。こうして、「やっとできる」動作が、「いつもしている」動作になるように、手伝ったり見守ったりしながら、時間をかけて行います。
患者さんのもっとも身近で、円滑なリハビリを支える
看護介護スタッフは、患者さんの身体面だけでなく、精神面にも気を配ります。生活のリズムを整え、日々のリハビリをがんばれるように支えます。また、チームの他の専門職のスタッフと患者さん・ご家族との間のパイプ役となり、リハビリが円滑に進むよう気を配ります。

看護介護部の理念

1
患者さんの人間性を尊重し、個々のニーズに応じた適切な看護・介護を提供します。
2
看護・介護の質を高めるため、専門職業人としての自己啓発に努め、人間性豊かな看護師、介護士を目指します。
3
地域における西広島リハビリテーション病院の位置づけをふまえ、保健・医療・福祉との連携を図り、信頼される看護・介護を目指します。

看護介護部の方針

1
その人らしさを尊重した最適の援助が行えるよう、専従他職種と協働連携に努め、安全と安楽性に配慮し、より良い療養環境を整えます。
2
患者さんの早期離床を目指し、生活の再建・自立へ向けて支援をいたします。
3
リハビリテーション看護の専門性を深めるため、計画的かつ効率的な継続教育の充実を図ります。
4
地域に根づいた看護・介護の継続サービスを図るため、退院指導、退院後のフォローを通して誠実に対応いたします。

看護介護部の体制

看護師・介護士は少人数でグループを作り、グループの間で情報を共有し、報告・連絡を密にして患者さんに対して継続的・包括的な看護介護を提供します。

お電話でのお問い合わせ
tel.082-921-3230

メールでのお問い合わせはこちらから