医療関係者の皆様へ

TO MEDICAL PERSONNEL

メディア掲載・学会発表

当院のメディア掲載・学会発表実績をご紹介します

2010年

テレビ・ラジオ

8月30日

特集「高次脳機能障害」

  • テレビ新広島「TSSスーパーニュース」
  • 岡本隆嗣(医師、リハビリ診療部長)
  • 高次脳機能障害についてのインタビューに答えました。
8月17日

カープ朝メシ前!

  • 広島テレビ「ズームインスーパー」
  • 本田賢次郎(理学療法士)
  • 「カープ私のお宝展」に木村拓也選手のスパイクを出展し、インタビューに答えました。
8月4日

秘密のワーキングレディ

  • RCCラジオ「秘密の音園」
  • 荏原幸恵(言語聴覚士)
  • 「言語聴覚士の仕事とその魅力について」というテーマでインタビューに答えました。

新聞

6月17日

「退院後」へ集中訓練 関係機関が役割分担

  • 朝日新聞「医のかたち」
  • 渡辺匠(理学療法士)
    沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
    岡本隆嗣(医師、リハビリ診療部長)
  • 当院のリハビリテーションについての紹介記事が掲載されました。

認定・資格取得

1月1日

回復期リハビリテーション看護師認定 第2期生

  • 全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会
  • 大村 絵美(看護師)

専門雑誌・書籍

12月20日

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会公認セミナー
「嚥下機能の低下した患者の食に関する病診連携」

  • 株式会社日本医療企画 ヘルスケア・レストラン第19巻第1号
    p.79
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長
  • リハビリテーション病院に勤務するSTの沖田啓子氏は、自院の入院目的をADLの向上、寝たきりの防止、在宅復帰と明示。その取り組みを具体的に紹介したうえで、「摂食・嚥下障害をもつ患者の自宅退院率は30%以下を推移している。当院全患者の自宅退院率が60~70%であることを考えると、その半分以下」と問題点を提起。その対応として、同院で行なっているSTによる訪問リハビリの症例を解説。摂食・嚥下障害の人を地域で支えていくためには、本人と家族の協力が不可欠。どのように生活を送り、どのように最期を迎えたいと思っているかを尊重して、サポートしなければならないと、訪問リハのあり方を示した。 (ヘルスケア・レストラン第19巻第1号 p.79より)
9月10日

特集 あなたはできていますか?転倒・転落の予防と対策
「転倒・転落の予測」

  • メディカ出版 リハビリナース第3巻5号
    p.450~458
  • 杉本真理子(看護師、看護介護部部長)
8月

特集<失語症支援について>
回復期における支援

  • コミュニケーション障害学 Vol.27
    p.114~120
  • 沖田啓子(言語聴覚士・リハビリ部部長)
8月

専門医が彩る回復期リハビリテーション病棟
「在宅復帰を支える回復期リハビリテーション病棟の取り組み」

  • Japanese Journal of Rehabilitation Medicine vol.47 NO.8
    p.552~558
  • 岡本隆嗣(医師、リハビリ診療部長)
    安東誠一(医師)
    滝本泰生(医師)
    荒川良三(医師)
    岡田昌信(医師)
    吉田光男(医師)
    重信順也(医師)
    真鍋武聰(医師、病院長)
5月

理学療法スーパーバイズマニュアル

  • 理学療法スーパーバイズマニュアル 臨床実習生・新人理学療法士指導のために
    p.295~301
  • 田中直次郎(理学療法士、主任)
3月

回復期リハビリテーション病棟の取り組み
「自院の嚥下障害食の物性を新基準で評価 安全な段階アップへつなげる」

  • ヘルスケアレストラン3月号
    p.20~21
  • 栗田顕子(管理栄養士)
    岡本隆嗣(医師、リハビリ診療部長)
3月

通所系サービスにおける形態とリハビリテーションのあり方(短時間型リハビリテーションと従来の短期集中・個別リハビリテーションの比較)に関する研究

  • 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
    p.58-66
  • モデル施設として西広島リハビリテーション病院の通所リハビリテーションが紹介されました。
3月

回復期リハビリテーション病棟退院後の脳血管障害患者の健康関連QOLに影響する要因

  • 理学療法学
    p.750
  • 田中直次郎(理学療法士、主任)
1月

新春医師座談会
「回復期リハ病棟のこれからと専任医の役割」

  • 全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会機関誌 2010;9(1)
    p.8-18
  • 岡本隆嗣(医師、リハビリ診療部長)

学会発表

10月21~23日

リハビリテーション・ケア合同研究大会

場所:山形

  • 短時間通所リハ(1~2時間)の効果の検討
  • 岡本隆嗣(医師、リハビリ診療部長)
    岡光孝(作業療法士、在宅リハマネージャ)
    松田秀之(理学療法士、主任)
    岡千穂(作業療法士)
    佐々木昭彦(理学療法士)
    藤井琢磨(理学療法士)
    村上誠(作業療法士)
    鈴木恭子(看護師、看護介護部副部長)
    福岡さおり(トレーナー)
    伊藤三千雄(トレーナー)
6月26日

第11回日本言語聴覚学会

場所:埼玉県大宮

  • 回復期での集中的訓練が失語症の改善に及ぼす影響
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
6月24日

第44回日本作業療法学会

場所:仙台

  • 脳血管障害患者の在宅生活におけるADL能力の変化に影響する要因
  • 田中恵子(作業療法士、副主任)
    石川弘美(理学療法士)
    武内知子(言語聴覚士)
    田丸純子(理学療法士)
    沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
  • 簡易調理自立度テストの作成
  • 井上英二(作業療法士、主任)
    玉代浩章(作業療法士)
    山根伸吾(作業療法士、副主任)
5月20~22日

第47回日本リハビリテーション医学会学術集会

  • 回復期リハビリテーション病棟における再発脳卒中患者の予後について(第2報)病巣側による検討
  • 岡本隆嗣(医師、リハビリ診療部長)
    瀧本泰生(医師)
    荒川良三(医師)
    岡田昌信(医師)
    安東誠一(医師)
2月5~6日

全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会 第15回研究大会

場所:静岡三島

  • 安全のための抑制
  • 杉本真理子(看護師、看護介護部部長)

外部講演

12月8日

株式会社ニチイ学館広島支店ヘルパー2級課程講義

場所:広島

  • リハビリテーション医療の基礎知識
  • 林内香織(言語聴覚士、副主任)
11月23日

嚥下機能の低下した患者の食に関する病診連携セミナー

場所:東京

  • 摂食・嚥下リハビリテーションの実際―回復期・在宅での取り組みと連携―
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
10月7・14日

山陽看護専門学校(非常勤講師)

  • 言語障害
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
9月30日

浜脇整形外科病院 職員研修会

場所:広島

  • 摂食嚥下障害の基礎
  • 畑光子(言語聴覚士、主任)
6月22日

日本赤十字広島看護大学認定看護師課程(非常勤講師)

  • コミュニケーション能力と構音
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
6月3日

広島記念病院

場所:広島

  • 摂食・嚥下障害のケア-摂食・嚥下機能評価と食事介助-
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
5月22日

広島口腔ケア研究会

場所:広島

  • 高次脳機能と口腔ケア
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
5月21日

広島県理学療法士協会廿日市支部研修会

場所:広島

  • 摂食嚥下障害の基礎
  • 畑光子(言語聴覚士、主任)
3月7日

第5回広島胃瘻と経腸栄養療法研究会

場所:広島

  • リハビリテーションから見た胃瘻の適応とタイミング
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
2月11日

香川県言語聴覚士会総会

場所:高松

  • 回復期における言語聴覚士の役割
  • 沖田啓子(言語聴覚士、リハビリ部部長)
お電話でのお問い合わせ
tel.082-921-3230

メールでのお問い合わせはこちらから